現在地
 >  > 「第7回アフリカ開発会議を横浜で!【TICAD6閉会】」

くさまの主張

ケニア、ナイロビで開催されていました第6回アフリカ開発会議から戻りました。25日~29日まで、朝から晩まで、外出禁止令の中で、メイン会場のケニヤッタ国際会議場やサブ会場(ホテル)を行ったり来たり。

アフリカ53か国、世界銀行や国連各機関、70を超える企業・団体・大学が参加し、自治体としては神戸市さんと僕ら横浜、そして地方議会としては僕ら横浜だけ参加させていただきました。「なんで草間くんがいるんだ」と、何回国会議員に言われたか分かりません(笑)。

第4回、第5回アフリカ開発会議を横浜で開催させていただき、アフリカに最も近い都市を目指す横浜として、アフリカ諸国との自治体間交流を深化させ、横浜そのもののPR、そして、第7回アフリカ開発会議誘致をPRするための絶好の機会として、林市長、佐藤アフリカ議連会長、アフリカ議連事務局長を務める僕、横浜市の職員の皆さんがチーム横浜として一丸となって動き、かなりの成果を得られたと思います。

誘致の話で言えば、現地では記者会見も行い、また、逢沢一郎AU議連会長をはじめ、岸田外務大臣、三原朝彦先生、河井首相補佐官、伊藤環境副大臣、松村経済産業副大臣、大学院が同じだった武井外務大臣政務官、旧知の岡本三成衆議院議員、AU議連事務局長で自民党川崎市連会長の山際先生、AU議連副会長で元川崎市連会長の田中和徳先生など、多くの国会議員の皆さんとじっくり横浜開催についてのお話ができました。ここは僕らの出番が多い局面でした。

また、林市長もTICADのサイドイベントにおいて、環境問題(ごみ処理)、都市計画、インフラ、女性活躍の分野などでスピーチをしましたが、やはり横浜の市長が来てスピーチをしているということに、もちろん中身もそうですが、大変大きな意味があります。

今回、横浜市のアフリカ開発会議参加は大変大きな成果がありました。

1つは、アフリカ諸国はもちろん、日本からの多くの参加者に対して、横浜とアフリカの関係が強調でき、更なる進化の可能性が見えたこと。

対アフリカの政策や取り組みの中身も非常に重要ですが「横浜がアフリカ強いらしい」というイメージ、感覚的議論は非常に重要で、これは企業誘致や市内企業の意識高揚にも役立ちます。また、多くの関係者とお会いし、市長が様々な場面でスピーチや発表をしたことで、特にごみ処理の分野や街づくりの分野はこれからググッと進みそうです。 もう1つは、政府はもちろん、各企業・団体、そして神戸市さんなどのアフリカに対する取り組みが見え、これから横浜が何を強化していかなければならないか見えてきたことです。特に神戸市のルワンダにおけるITの取り組みと研修生の受け入れは、テレビでも紹介されるほど先進的だし、中身もあるし、わかりやすいものでした。

横浜も、これからの国の対アフリカ外交の中で、自治体外交として何を担えるか。その時々で言われるのではなく、こちらから国に提案するくらいの戦略性と独自性をもっていかなければなりません。規模を活かした「幕の内弁当」的な交流展開とその中での選択と集中のバランスが大切で、対アフリカ外交という日本の戦略の中で、横浜が何を担えて、何をこれから担わなくてはならないのか、日本全体のため、横浜市民のために次の1歩を考えさせらえました。

個人的には、中国のような強権的な開発でない、民主国家の自治体として横浜しかできない対話型の街づくり、区画整理や人口増におけるニュータウン造成のノウハウ、そして高齢化を見据えた福祉・介護分野、水道のスマートメーターなど、僕たちでも重宝する横浜クオリティを展開できればと考えています。

アフリカとともに成長する横浜。大変前向きだと思います。

くさま剛 事務所

〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-23-9

tel/045-913-8800 
fax/045-913-7700

E-mail kusamatsuyoshi1982gmail.com

Copyright © くさま剛 公式サイト.All Right Reserved.

ページのトップに移動します